img_4248.jpg特定非営利活動法人 農商工連携サポートセンター    食と農の交流で地方を元気に!



先着5セット!ちよだいちばの限定ご当地便 竹田の椎茸三昧!
「ちよだいちば」4月の月間ご当地祭りは大分県竹田市。竹田市は、岡藩城下町として栄え、豊饒の大地と豊かな伏流水に恵まれたまさに祝福の地。優れた農産物の宝庫として、県内外にその名を知られていますが、数ある名産品の中から選りすぐりの7点をセットにして先着5名様にお届けします。

価格:3,900円 送料別(送料は地域によって異なります。東京都830円、神奈川/埼玉/千葉県900円、宮城県900円、大阪府1000円などです)
(代金は同梱の郵便振込用紙にてお振込みお願いします。)
7点の内容は、創業明治10年の椎茸問屋『姫野一郎商店』から「豊後牛と椎茸のしぐれ煮」「おふくろ煮」「山のだし茶漬け」の3点。そのほか「竹田かぼす」「かぼすこしょう」「豊後きのこカレー」「竹田さふらん」というライナップです。

詳しくはこちら!

番町の庭マルシェ」(5/18)出店者募集します
○ 開催趣旨:
ちよだフードバレーネットワークは千代田区と地方の市町村を結び、各地域の本物の「食」を都会の消費者に直接届け、体験・交流することを目的に平成26年2月に設立されました(全国69市区町村が参加)。11月と3月の年2回、有楽町駅前でマルシェを開催しています。今回、千代田区一番町「番町の庭広場」で初めてマルシェを開催します。
○ 日程:平成31年5月18日(土)
時間:11:00~16:00
会場設営準備開始9:30 撤収終了17:00(出店者お手伝いお願いします)
○ 会場:番町の庭広場(〒102-0081 東京都千代田区四番町5−9)
http://areaworks.jp/service/area/bancho/bancho_niwa
○ 主催:ちよだフードバレーネットワーク
○ 出店料:無料
○ 募集出店者数:5~7程度
詳しくはこちら!


都心の農園「スカイファームクラブ」会員募集します!
今年も都会の屋上菜園、「スカイファームクラブ」の会員を募集します!
皇居が見える都会の屋上、千代田区神田錦町にあるちよだプラットフォームスクウェアの屋上に、小さな菜園があります。小さいけれど昨年もここで30種類の野菜、果物を栽培しました。ジャガイモ、枝豆、ブルーベリー、ぶどう、なす、イチジク、トウモロコシ、トマト、ホップ、バジル、レタス、ネギなどなど...。
週末のひととき、2時間ほど皆でワイワイ種をまいて、苗を植えて、収穫!収穫したお野菜はそのまま屋上で天ぷらやサラダにしていただきます。おにぎりと暖かい豚汁がつけば、そこはもう屋上レストラン。いっしょに土いじりをした仲間といただくビールはとても美味しいです。こんなすてきな体験が都会のどまんなかで手軽に味わえます。
じぶんで植えて、収穫して、食べる体験は、お子様の食育にも最適です。
ご家族(夫婦、親子)のご参加大歓迎です!
第1回は4月27日(日)!
  11:00~12:30  農作業   
  12:30~14:00  懇親会
皆様のご参加をお待ちします。
年会費(農業体験):2000円/人(苗、種、土、肥料に使います)
         子供は無料。ファミリーは何人でも3000円
懇親会費:1500円/人(実費、毎回徴収)
お問合せ:農商工連携サポートセンター 大塚
      otsuka@npo-nshokorenkei.jp 電話 090-1106-0182


詳しくはこちら!


過去のニュース過去のニュース



農商工連携サポートセンター代表理事
大塚洋一郎著書【出版のご案内】
「そうだ、トマトを植えてみよう!」
-地域を変える食と農-
「ぎょうせい」から、発売中!
安定した生活を捨てて「地方と都会」「食と農」を結ぶ現場の仕事に生きがいを見出すまでの心の葛藤・・・。心温まる感動の一冊です。



















































 最新の活動はブログに掲載!クリックしてね↑↑


各年度の事業報告及び決算報告書です。

特定非営利活動法人農商工連携サポートセンター 代表理事 大塚洋一郎 バナー代表理事 大塚洋一郎